ジョブロール

Architect, Developer

期間

対面: 3 日
バーチャル: 3 日

概要

受講対象者


この前後編のコースは、開発者やアーキテクトが Anypoint Platform™を使って、APIの開発とインテグレーションの基礎を学ぶためのものです。
 

後編では、Anypoint Studio (Mule Runtime)を用いて、APIの実装とインテグレーションを行い、アプリケーションを構築します。

※本コースは「Anypoint Platform Development: Mule 4 for Mule 3 Users 」コースと同等の内容です。
 

このコースの内容は MuleSoft Certified Developer – Level 1(MuleSoft 認定開発者 - Level 1) の資格試験内容をカバーしています。 インストラクター主導のコースを受講する場合、2回まで、追加費用なしでこの試験を受験することができます。


得られるスキル


このコースを修了することで、参加者が以下のスキルを身につけることを目的としています:

  • API 主導の接続性(API-led Connectivity)と Anypoint Platform を使って、アプリケーションネットワー クを構築することができる。
  • Anypoint Platform を使って、公開された API の発見、利用、デザイン、ビルド、デプロイ、そし て、管理をすることができる。
  • Anypoint Studio を使って、Mule 4 アプリケーションを構築することができる。
  • Anypoint Studio を使って、統合および API 実装の構築およびデバッグができる。
  • データベース、ファイル、ウェブサービス、SaaS アプリケーション、JMS キュー、その他の多くの システム連携をすることができる。
  • アプリケーションロジックの実装、エラー処理、DataWeave を使ったデータの変換をすることがで きる。
  • 開発とデプロイを促進しつつ、アプリケーションを構築することができる。
  • バッチ処理を行うことができる。


受講のための前提条件
 

  • オブジェクト指向言語での開発経験
  • XML, CSV, JSON などのデータフォーマットに関する基礎的な理解
  • HTTP, JMS, JDBC, REST, SOAP などインテグレーションに関する技術の基礎的な理解
  • Anypoint Platform Development: Fundamentals (開発: 基礎) [前編]」コース(もしくは「Getting Started with Anypoint Platform (Anypoint Platform 入門)」)コースの修了、または同等の知識があること。
    *前編コースの修了は必須条件ではありませんが、修了された上で後編を受講されることを強く推奨いたします。


必要なセットアップ
 

  • コンピュータについて:
    • 8-16GB RAM (推奨:16GB), 2GHz CPU, 10GBの空きストレージ
    • 解像度1024x768以上のモニター
  • インターネットについて:
    • インターネット下り速度5Mbps以上、上り速度2Mbpsの速度
    • Port 80と3306が使用可能であること
  • 対応ブラウザ: 最新版のGoogle Chrome, Safari, Firefox または Microsoft Edge
  • Anypoint Platformアカウント
  • Mule Runtime 4に対応したAnypoint Studio 7.11.0~(最新バージョンの Anypoint Studio)
  • Salesforce開発者アカウント(通常のアカウントとは異なります)
    および、Salesforce 開発者アカウントから発行された APIアクセストークン
  • Advanced REST Client(Postman などの REST API クライアントアプリケーションも代用可)

より詳しい情報はこちらのデータシートをご確認ください。


コース登録

レッスンとトピック

モジュール 1: MULEイベントに対するアクセスと変更

  • イベントデータのログの確認
  • Muleアプリケーションのデバッグ
  • イベントプロパティの読み書き
  • DataWeave表現
  • 変数の作成

 

モジュール 2: MULEアプリケーションの構造化

  • 異なるフロー間での非同期キューを使ったイベントの受け渡し
  • グローバル要素の設定ファイルのカプセル化
  • アプリケーション設定のプロパティファイルによる定義
  • Muleプロジェクトの各ファイル・フォルダの役割
  • アプリケーションメタデータの定義と管理

 

モジュール 3: WEB サービスのコンシューム

  • Anypoint Exchangeに公開されたウェブサービスのコンシューム
  • RESTfulウェブサービスのコンシューム
  • SOAPウェブサービスのコンシューム
  • Transform Messageを使った、SOAPウェブサービスへのパラメータの受け渡し
  • 各ウェブサービスのデータから、共通フォーマットへの変換

 

モジュール 4: イベントフローの制御

  • イベントのマルチキャスト
  • イベントの条件分岐
  • イベントのバリデーション

 

モジュール 5: エラーの処理

  • 3つのレベルでのエラー処理: アプリケーション、フロー、プロセッサ
  • 異なるタイプのエラー処理 (カスタムエラーを含む)
  • 異なるスコープのエラー処理
    • エラーを処理して、呼び出し元の処理を継続する(On-Error Continue)
    • 呼び出し元にエラーを伝播する(On-Error Propagate)
  • HTTPリスナでのレスポンスメッセージのカスタマイズ(サクセス/エラーメッセージ)
  • システムエラーにおける再接続戦略 (reconnection strategies)

 

モジュール 6: DataWeave変換の記述

  • DataWeaveを使った XML, JSON, Java間の基本的なデータ変換
  • DataWeaveを使った複雑なデータ変換
  • グローバル・ローカル変数と関数の定義
  • DataWeave 関数の呼び出し
  • Strings(文字列), numbers(数字), dates(日付型)への変換
  • カスタムデータタイプの定義と使用
  • DataWeaveからMuleフローを呼び出す
  • DataWeaveスクリプトの外部ファイルとして保存する

 

モジュール7: フローのトリガ

  • ファイルの読み書き
  • ファイルの追加・変更をトリガとしたフローの開始
  • データベースへの新たなレコードをトリガとしたフローの開始
  • 一定の日時や頻度でのフロースケジュール
  • Object Store を使ったデータの保持と呼び出し
  • JMSメッセージのパブリッシュ/コンシューム

 

モジュール 8: レコードの処理

  • For Eachスコープを使ったレコードの処理
  • Batch Jobスコープを使ったレコードの処理
  • Batch Step内でフィルタリングやBatch Aggregatorの処理