🐻Trailhead Academy サイトは近日中にリニューアルします!これに伴い、2024 年 4 月 30 日午後 11:00 (PST: 太平洋標準時) から 2024 年 5 月 6 日午後 4:00 (PST: 太平洋標準時) までの間、認定講師によるクラスへのお申込みを一時的に停止させていただきます。詳細はこちら。クラスに関してサポートが必要な場合は、Trailhead ヘルプにお問い合わせください。

ジョブロール

IT Operations

期間

対面: 2 日
バーチャル: 2 日

概要

受講対象者


このコースは、Anypoint Platformのアドミン担当者(運用者)、開発者、またはアーキテクトが、CloudHubにデプロイされたMuleアプリケーションを管理・モニターする経験を積むことを目的としています。

*このコースは CloudHub1.0を対象にしています。


得られるスキル


このコースを修了することで、参加者が以下のスキルを身につけることを目的としています:

  • CloudHub上のMuleアプリケーションを設定、デプロイ、管理、モニター、そして分析することができる
  • CloudHub上のMuleアプリケーションのロードバランシングと高可用性(HA, High Availability)の設定を行うことができる
  • Anypoint Platform REST APIs を使って、CloudHub上のMuleアプリケーションを管理することができる

 

受講のための前提条件
 

  • システム管理とサーバーコマンドに関する知識
  • XML, CSV, JSONなどのデータフォーマットに関する基礎的な理解
  • HTTP, JMS, JDBC, REST, SOAPなどインテグレーションに関する技術の基礎的な理解

 

必要なセットアップ
 

  • 解像度1024x768以上のモニター
  • 下り速度5Mbps以上、上り速度2Mbpsのスピードで、ポート80が使用可能であること
  • 対応ブラウザ: 最新版のGoogle Chrome, Safari, Firefox または Microsoft Edge
  • Advanced REST Client (Postmanなど、その他のREST APIクライアントアプリケーションも使用可能です)
  • Anypoint Platform CLI tool
  • Apache JMeter 5.3

より詳しい情報はこちらのデータシートをご確認ください。


コース登録

レッスンとトピック

モジュール 1: Anypoint Platform入門

  • Anypoint Platformの機能概要
  • Anypoint Platformで管理できること
  • Muleアプリケーションの管理に関わる操作とタスク
  • MuleアプリケーションをCloudHubにデプロイ・管理するためのステップ

 

モジュール 2: ユーザーとリソースの管理

  • ビジネスグループと環境の作成
  • Anypoint Platformユーザーの管理
  • Anypoint Platform ロール (役割)の作成と管理

 

モジュール 3: Muleアプリケーションの管理

  • CloudHubへのMuleアーカイブのデプロイ
  • アプリケーション設定と機能
  • ダウンタイムなしでMuleアプリケーションをアップデートする

 

モジュール 4: Muleアプリケーションの監視と分析

  • Runtime ManagerとAnypoint Monitoringを使ったMuleアプリケーションの監視
  • Muleアプリケーションのための管理指標ダッシュボードとアラートの作成
  • MuleアプリケーションとMuleワーカーのログのダウンロードと管理
  • ビジネスイベントから作成したMuleアプリケーションのKPIトラッキング
  • Persistent (永続的な) オブジェクトストアのデータをRuntime Managerで管理する

 

モジュール 5: Muleアプリケーションの設定

  • Mule アプリケーションを環境間で昇格させる
  • 環境変数を使ったMuleアプリケーションの設定切り替え
  • 非表示プロパティを使ったMuleアプリケーション設定

 

モジュール 6: パフォーマンスと信頼性のゴールを達成する

  • Muleアプリケーションのパフォーマンスチューニング、スケーリング、オプション、ソリューションアーキテクチャについて
  • Muleアプリケーションを複数のワーカーにデプロイする
  • 複数のワーカーにデプロイされたMuleアプリケーションのロードバランサーとフェイルオーバー時の挙動をテストする

 

モジュール 7: CloudHubのインフラを管理する

  • CloudHubリージョンにVirtual Private Clouds (VPCs) を設定する
  • MuleアプリケーションをVPCにデプロイする
  • プライベートな通信のために、ファイアウォールのルールをVPCに設定する
  • Dedicated Load Balancer (DLB) をVPCと活用する

 

モジュール 8: 管理タスクの自動化

  • Anypoint CLIツールを使った管理タスクの自動化
  • Anypoint Access Management と Runtime Manager REST APIを使った管理タスクの自動化